体重が減らない原因

BASE CONDITIONING LABOの山邉です。


『運動量が減ったことによる体重増加をどうしたらいいのか』

でした。

既に2-3キロ増えてしまっているという方もいらっしゃいました。

カロリー計算も糖質量もしっかりしているのに
『体重が落ちない』
『何故か体重が増えている』
と言う方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

これの原因としまして
エネルギー過多(運動不足も含む)
・栄養不足
・ストレス


実はカロリー計算には大きな落とし穴がありまして、
実はカロリー計算だけでは絶対に身体は変わりません。

今回はその中でも『栄養不足で太る』についてお話ししていきたいと思います。
カロリー計算によるダイエットというのは

  1. タンパク質(4kcal/g)
  2. 炭水化物(4kcal/g)
  3. 脂質(9kcal/g)

    というエネルギーを持った栄養(3大栄養素)の合計カロリーを基本に考えます。


基本としてこの総カロリーが消費カロリーを超えると体脂肪として蓄積されます。(エネルギー過多)
要するに太ります

この中で一番エネルギー量の多い脂質を減らすのが低脂質ダイエット(ローファット、LF)、
糖質を減らすのが糖質制限(ローカーボ、LC)と呼ばれるダイエットになります。


しかし、正しく行わないと全く体重は減りません。

 

この原因となるのが【栄養不足】です。

 

ダイエットはほとんどの人が『何を減らすか。』という思考パターンになりがちですが、これは『ストレス』の原因になり、ストレスホルモンである『コルチゾル』を分泌させます。

コルチゾルは自己防衛反応として『脂肪分解の抑制』『筋分解の促進』に働きます。


要するに痩せにくい体をつくるわけです。


ではどうしたら良いのか。『何を減らすか』ではなく『何を増やすか』思考をシフトしてみてください。


その増やすべき栄養素が【ビタミン】と【ミネラル】です。

この2つの栄養素はカロリーを持っていません。。

カロリー計算には入ってこないのでカロリー収支を基本とするダイエットでは無視されてしまうことが多いです。


ですから、ビタミンとミネラルが圧倒的に足りていない場合が多いです。
これに加えて食物繊維です。


これらをしっかり取ると、おのずと炭水化物や脂質の多いモノの摂取量が減ってきます。


食材としては【海藻類】【キノコ類】【まめ類】【緑黄色野菜】をしっかり取って下さい。


僕は何か足りないな。。
と思った時は
・お味噌汁の具材に【アオサ】を足してみる
・普通のサラダを海藻サラダにしてみる
・ひじきの煮物を一品足してみる

と言うことをしたりします。


単色のご飯になっていないか?
炭水化物、脂質メインの食事になっていないか一度見直してみて下さい。

栄養、ダイエット指導のみのオンラインサポートも可能ですので
お気軽にお問い合わせください。