こんばんは。BASE Conditioning Laboの山辺です。

 

今日は“膝の痛み”についてです。
ダンスをされる方で“腰痛”についで多い悩みだと思います。

 

 

膝に痛みを及ぼす原因はいろいろあるんですが。。。。。

 

代表的なもので

  • 靭帯系
    • 前十時靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯、膝蓋靭帯の損傷、捻挫
  • 筋系
    • 大腿四頭筋、腸径靭帯などの停止部での炎症
  • 骨系
    • 離断性骨軟骨炎、変形性関節症、膝蓋骨軟化症、骨折、骨壊死、骨肉腫、オスグットシュラッター(成長痛)
  •  その他
    • 半月版損傷、嚢胞。

 

などなどです。

 

その中で、筋に因る痛みについて話していきたいと思います。

 

 

大腿四頭筋の使い過ぎ(Overuse)による膝前面の痛みは“ジャンパー膝”と呼ばれ
膝のお皿の上に痛みを感じる事があります。

 

 

ジャンパー膝というくらいですので、ジャンプを良くするスポーツ選手やダンサーに好発します。
大腿四頭筋は膝を伸ばす時につかう筋で、右の絵にある様に筋が収縮する時に膝のお皿の上の部分で牽引力(引っ張られる力)が働きます。

この牽引力が膝の屈伸をする度に、お皿に加わるので炎症が起きて痛みを引き起こしてしまいます。

 

 

もうひとつはランナー膝を呼ばれる疾患で、こちらは膝外側に痛みを引き起こします
ジャンパー膝の原因筋が“大腿四頭筋”だったのに対して、ランナー膝の場合は“腸径靭帯”と呼ばれる筋肉です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちの場合は、引っ張られる力で炎症が起きるのではなく、骨との摩擦により炎症が起きる訳ですが
いずれにせよ使い過ぎによる炎症です。

 

対処法をしては、運動後のストレッチ、マッサージが基本となります。
やり方については、今日教えた通りです(ストレッチはやってないかな。。。)

腸径靭帯のリリース法はこちらの先生が教えてくれています。

知りたい人は、また聞いて下さい。

 

ではでは、、、