医療オリンピックC-1 実技王に参加してきました。

ご無沙汰しております。
本当に久々の投稿になっております。

去年、矯正部門で関西代表になりました医療オリンピックに
今年から新たに『実技王』という
実技部門ができました。


自分の得意な手技を説明しながら8分間で発表し、
その内容、
プレゼンのうまさ、
分かりやすさ、
科学的根拠、
会場で見ている施術家の投票(自分もその技術を身につけてみたいか)

などで審査を行い一番を決めます。

予選の一次審査(動画)を勝ち抜いた
上位三人の先生で11月12(日)に
東京国際フォーラムで行われる
医療オリンピック決勝戦に進むことができます。

僕はその予選でありがたいことに
全国一位の栄誉をいただくことができました。

この結果はメールでいただいたのですが自分でもびっくりしました。

そこで行って参りました!
一年ぶりの東京国際フォーラムはやっぱり大きかったです。

結果は残念ながら2位でした。

今回初めての部門で審査員の先生は
審査に本当に苦労されたそうです。

実は僕の発表した内容は
『仙腸関節の不安定性を伴う腰痛に対する考え方とアプローチ』

という内容で
自分自身、この腰痛を持っており痛みで悩まされたり
このタイプの腰痛だと知らずに普通に施術をして余計悪くしたり
10年以上悩んでいたんです。

それに対するアプローチをこの数年ずっと模索しており
やっと完成したメソッドです。

ラボがオープンして8年間ほぼこれを研究していました。
(軸をつくるために必要なスキルと偶然にも全く同じだったのは運命かもしれないです!)

詳細は長くなりすぎるのでポイントだけ説明すると
『仙腸関節の不安定性をカバーするために収縮(硬くなった)周囲の筋をほぐすと不安定になり仙腸関節にストレスをかかり症状が悪化する』

要するに仙腸関節に不安定性のある腰痛の場合
『揉むと余計痛くなる』ことがあるということです。

なのでどのように安定させるかがキーになるのですが
これを見つけるのに数年かかりました。

しかし、これはどちらかと言うと手技というより
ラボでいつも行なっている
かなり繊細な身体感覚を要求しながらの
エクササイズ指導なんです。

これが『実技王』の趣旨からは外れていて
今回の一番の敗因だと思います。

しばらくはこの内容についてぼちぼちですが書いていきたいと思います。

(大会関係の写真はサイズが大きすぎてアップできませんでした。サイトの仕様を変更でき次第アップしていきたいと思います)

そもそも軸って何?「体幹編」

こんにちわ。
軸をつくるボディワークスタジオBASE Conditioning Laboの山辺です。

前回は「軸」「体幹」「バランス」の話に少し触れたところで力尽きました。

と言うか「いつも長すぎるので細かく割って短くしないと読まない!」
というクレームを身近な方から言われたのも一因です!

今回も少しずつ進めていきたいと思います。

目標としては、

このblogを読み進めるほどに
より「軸」と言うものが良く分からなくなってきた!

となって貰えれば僕としては成功かなって思います。

その上で、回りの人が

「軸がぶれてるよ!」

的な事を言ったときに、心の中で

「じゃあ、その軸を安定させるために何をしたらいいの?
てかそもそも軸って何か説明できるん?」

みたいに思ってくれるようになっていれば万々歳です。

そうなれば、ここを読む前よりは「軸」についての知識が身に付いた証ですし、晴れてこっちの世界の方(変態とか屁理屈野郎の仲間入り)です。

1度ゆっくり飲みましょう!

一昔前ではあまり考えられなかったことですが、多くの方が「体幹」という言葉を知ってくれています。

これは本当に指導をする上で助かっていますがその一方で、あまりにも「拡大解釈」され過ぎているようにも思います。

そのひとつの例が

アメリカのサッカーチームで「体幹トレーニング」をしてもパフォーマンス、バランスが上がらなかったという研究結果があるんです。

これについては以前読んだ文献で引用元を忘れてしまい、ここにあげられないのが無責任すぎるのですがまた見つけ次第アップします。

これはどういう事かと言うと、、、
そこは次と言うことで。

ULTIMATE Movement 3回目 「骨盤」

おはようござます
BASE Conditioning Laboの山邉です。

 

以前、僕の授業、ワークショップもしくは烏丸のスタジオでセッションを受けて頂いている方
はご存知だと思いますが 「骨盤は捻って使う」「わざと歪まして使う」という体験をして頂いていると思います。

 

左右の骨盤で前傾(前回転)と後傾(後ろ回転)を使い分けるというあれです。

 

バランスの悪い人、バランスをとろうとすると無駄な筋力が入ってしまい
動きが硬くなってしまう人というのは骨盤をひとつのユニット(固まり)として
とらえ、繊細なコントロールが出来ていません。 

 

骨盤が実際どうなっているのかと言うと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

寛骨という聞き慣れない言葉があると思いますが
これは腸骨、恥骨、坐骨をまとめて寛骨と呼びます。

もともとは3つの独立した骨なのですが成長して
それ以上大きくなる必要がなくなると癒合してひとつの骨になります。

 

皆さんが「骨盤!」「骨盤!」と読んでいつるのは
この「寛骨」と「仙骨」「尾骨」をまとめて骨盤と読んでいる訳です。 

とにかくこの絵を頭に叩き込んでおいて下さい。