そもそも軸って何?(体幹編その2)

こんにちわ。
軸をつくるボディワークスタジオBASE Conditioning Laboの山辺です。

なんと2日続けての投稿です!!
頑張っている自分を褒めてあげたいです。
何より褒められて伸びる方なので「いいね」や「コメント」もありがたいですが直接会ったときに「頑張ってるね」って行ってあげてください!

いつもより1セット多い目で指導させて頂きます🎵

昨日(前回ではなくて「昨日」と書けるのが嬉しいんです。)は「体幹トレーニングについての誤解されてる部分があるんだよ!」って話で終わりました。

「体幹トレーニングをしてもパフォーマンスの向上が見られなかった」という研究結果を解説しながら、その「誤解」を解いていきたいと思います。

最近は「バランス」が悪い。「軸がぶれてる」と言えば猫も杓子も「体幹トレーニング」と言う風潮が見られます。

ですので全身運動における「体幹部」の役割をまずは理解してください。

分かりやすいようにボクシングの「パンチ」をイメージしてみましょう。

相手を殴る部分はあくまでも腕の先端にある「拳」です。
そしてその動きは「腕を伸ばす」という動きになります。
なので「腕の力」「肩の力」はまず何よりも必要になります。

ただ、腕を伸ばすだけの動きでは全く力を生み出すことが出来ないのは誰が考えてもわかります。

その為に腰を捻る力を腕に伝える訳ですが、腰を捻るために「足で床を蹴る」必要があります。

これは、今のところ単純に「脚力」だと考えて下さい。

要するに「脚」の力を「腕」に伝えて相手を殴る訳です。

この「脚」と「腕」を繋げるのが「体幹」になります。

「腕」と「脚」を専門的には「四肢」と言います。
ですから今回はもっとシンプルに理解するためにかなり暴力的ではありますが、「パンチ」は「四肢」と「体幹」の2つの部分で起こる動きだと考えて下さい(専門家の皆さん、ごめんなさい(*^^*))

さてここからは簡単な算数のお勉強です。

四肢の能力が「100」だったとしましょう。

一方で「体幹」の能力が50だったとします。

そうすると四肢の「100」の能力はそれを繋げる「体幹」で50失われる事になるので最終的に相手に伝わる力が「50」になる訳です。

このタイプの人は正しく「体幹」を鍛えると、単純に「四肢」の持ってる能力の「100」まではパンチ力が上がることになります。

この人がさらに正しく「体幹」を鍛えていき、体幹の能力が100、110、120、500、1000000000と上がっていったとします。

もう分かりますね!

もともとパンチの主役である「四肢」の能力は「100」なので、例えプランクが3時間出来るようになったとしても、四肢の能力以上はパフォーマンスとしては活かされなくなります。

だから全身の筋バランスをみて単純に「パンチ力」低い場合、体幹を鍛え上がる人もいれば変わらない人もいると言うわけです。

「ボディメイク」や「引き締め」であれば体幹部の筋肉を鍛える事が目的になることがありますが、
サッカーでもゴルフ、ダンス、何にしても、こと「全身運動」においては「体幹」はあくまでも「腕」や「脚」を自由にするためにあってそれ自体が目的ではない事が多いです。

イメージしていた「体幹」と違いましたか?どうでしょうか。

もし違ったという方が少しでも、
「あぁ、なるほどな!」って思っていただければ幸いです。

そもそも軸って何?「体幹編」

こんにちわ。
軸をつくるボディワークスタジオBASE Conditioning Laboの山辺です。

前回は「軸」「体幹」「バランス」の話に少し触れたところで力尽きました。

と言うか「いつも長すぎるので細かく割って短くしないと読まない!」
というクレームを身近な方から言われたのも一因です!

今回も少しずつ進めていきたいと思います。

目標としては、

このblogを読み進めるほどに
より「軸」と言うものが良く分からなくなってきた!

となって貰えれば僕としては成功かなって思います。

その上で、回りの人が

「軸がぶれてるよ!」

的な事を言ったときに、心の中で

「じゃあ、その軸を安定させるために何をしたらいいの?
てかそもそも軸って何か説明できるん?」

みたいに思ってくれるようになっていれば万々歳です。

そうなれば、ここを読む前よりは「軸」についての知識が身に付いた証ですし、晴れてこっちの世界の方(変態とか屁理屈野郎の仲間入り)です。

1度ゆっくり飲みましょう!

一昔前ではあまり考えられなかったことですが、多くの方が「体幹」という言葉を知ってくれています。

これは本当に指導をする上で助かっていますがその一方で、あまりにも「拡大解釈」され過ぎているようにも思います。

そのひとつの例が

アメリカのサッカーチームで「体幹トレーニング」をしてもパフォーマンス、バランスが上がらなかったという研究結果があるんです。

これについては以前読んだ文献で引用元を忘れてしまい、ここにあげられないのが無責任すぎるのですがまた見つけ次第アップします。

これはどういう事かと言うと、、、
そこは次と言うことで。

気付けば10000人!

こんにちわ。
『軸をつくる』ボディワークスタジオ ベースコンディショニングラボの山辺です。

ラボがオープンして今年で7年。

先日、今までの記録を見直していました。
すると自分でもびっくりしたのですがこんな事になっていました‼︎

image

なんと今まで見させていただいたダンサーさんがのべで10000人を越えてました!!

本当にありがとうございます。

軸をつくる?

こんにちわ。「軸をつくる」ボディワークスタジオBASE Conditioning Laboの山辺です。
image

 

今日、2件ほど全く別のシチュエーションで

「私のからだの軸がぶれてる!」

「これって軸がぶれてる?」

という感じで、からだの「軸」について聞かれ、「軸」について僕なりの話をする場面がありました。

僕のスタジオが「軸をつくる」という事を目的にしているので毎日と言えば毎日なのですが今日は全く新しい方に立て続けに聞かれたので少し「軸」について思うところをお話しさせてもらいました。

今日はその時話した内容のひとつ

「そもそも軸ってなんなの?」

ってことをさわりの部分だけ書いてみたいと思います。

「軸が安定しなくて困ってるんです」

のように、自分で使う割にはよく分からっている便利な言葉「軸」

 

ダンスにせよ、ゴルフにせよ、野球にせよ、サッカーにせよ何かと言われる「軸」これについて分かりやすく説明出来る人って何れくらいいるのでしょうか?

使う分には簡単な言葉です。

スポーツの解説なんかでは

「軸がぶれないですねー!」

「○○選手はとにかく軸がしっかりしてますからね!」

誰かに教えたり教えられたりする時も

「軸がぶれてる」

「軸をもっと安定させて!」

みたいな感じで言ったり、言われたりした経験はこのblogを見てくださっている方ではまず間違いなくあると思います!

 

似たような言葉で「バランス」という言葉がありますが同じ意味なんでしょうか?

同じような気もするし違うような気もしますよね。

 

最近では、この「バランス」という言葉とほぼ同じ意味合いで使われる言葉に「体幹」と言うものもありますね。

 

バランスが悪い人=「体幹」が弱いみたいな感じです。それぞれ似たようなニュアンスを感じますがどう思われますか??

 

改めて言われると何か違うような、でも説明できない「もどかしさ」がありますよね。この辺を掘り下げて書こうと思ったのですが前振りだけで長くなったので、また次回にしましょう

27年度最後の授業と脳科学的『思いやり』

こんにちわ!お久しぶりです。
『軸をつくる』なんて言ってますが年々『軸』ってものが分からなくなってきている山辺です。

先日『ブログの神』と僕が勝手に呼んでいる方のされている
お店『any』でご飯を食べているときに

『今年はちゃんとブログを書きます』

という約束をしてしまってからはや数日。。。やっと書きます!

(なんせこのanyのオーナーは自分で出した初めての店『es』から『イロドリ』『any』と1日も欠かさずにブログを更新されているんだそうです^^)

 

昨日、ダンス&アクターズ専門学校での27年度最後の授業が終わりました。

最後の授業は一生忘れることのない思い出に起こる授業、というか忘れたくても忘れられないようなきつーい授業ををしようと思い意気揚々と教室へ向かった次第なのですが、

『3日後に舞台が!』

という生徒がいた為あえなく断念。。。
いつも通りに近い内容に変更して、さらに最後なのでリラックス多い目という内容になりました。

体幹をやったり、ストレッチポールに乗ったりお互いの体をマッサージ、ストレッチしたり
まぁいつも通り難なく終わっていきいました。

生徒同士ペアでふくらはぎのマッサージをしてもらっていた時なんですが
一人ものすごーく痛がる生徒がおりました。

特に珍しいことではなく「ジャンプ」や「つま先」で
立つことの多いダンサーではよくあることです。

ペアでマッサージしているので、
もちろん交代して次は痛がっていた方がマッサージをする番になって
『こんな痛いこと出来ひーん!』

 

僕が彼女の立場ならガッチガチにいくとこですが
この子はきっと優しいのでしょう。
自分がされて痛いことは人には出来ないというのです。

でも『それは優しさなんかじゃなくて、本当の優しさとは何か!』
ということをコンコンと説明した上で
本人も渋々!というか痛がる相手を見て
ちょっと楽しみながらやってるようにも見えましたが
やってもらいました^^

少し話が変わりますが
実はこの時、この生徒の脳の中で起こっていることが
なかなか面白いんです。

 

『思いやり』という良く分からないものの
なんたるかを脳科学的はこんな感じで説明しています。

例えば料理をしている時、包丁で左手の人差指を切ったとしましょう。
あんまり痛くなさそうで、ピンと来ない方は
『ざっくりと指を切り落とした』パターンでよろしくお願いいたします。

この時、本当に切った人の脳では、脳の一番外側にある
『大脳新皮質』の『感覚野』と呼ばれる場所にある
「左手の人差し指」に対応するところが反応しています。
専門的には『興奮』していると言います。

ここで興味深いのが実際に切った人の脳が興奮するのはもちろんなのですが、
切ってない人でも同じ場所が興奮しているところです。

 

つまり実際には『切って』いなくても
脳の中では『切って』いるのと同じことが起こっているらしいんです。
試しに『指 切る 画像』で検索してみてください。
素敵な画像が画面いっぱいに広がります。

その瞬間あなたの体には何も起こっていないにもかかわらず
脳の『大脳新皮質の感覚野、指担当』は『指切れたー』ってな感じで
大騒ぎなんです。

御察しの通り、
まだまだ分からないことの多い、でもなんか凄いもの!
として扱われる『脳』は
案外、おバカさんなんです。

少しかわいいやつに思えてきませんか?

しかしこの脳の『勘違い』のおかげで
相手のことを、自分のことのように考えたり
痛みを分かち合えたりするんだそうです。

ようするに『思いやり』ってやつですね。

さっきの生徒もきっとこんなことが脳の中では起きていたんでしょう。

これからも色々自分で痛い思いをして
他人を思いやれるダンサーに育って欲しいです。

卒業おめでとうございました!

京都大作戦

おはようございます。
7/4(土)、7/5(日)と二日間、京都宇治の太陽が丘で行われる
京都大作戦の救護スタッフとして救護室におります。

そのため、スタジオの方は二日間お休みになります。

ご迷惑おかけいたします。

『記憶』と『睡眠』,ときどき『嫁』

今回の内容は受験生の皆さん必見です!笑

最近ものすごく勉強にハマっています。
なぜこんなにもハマっているのか分からないくらいハマっています。

そのハマっているものが『数学』です。

そもそも運動学を勉強している時に出てきた『微分が分からない!!』ってのが全ての始まりでしたが、今は色々あってベクトルとテンソルというものにハマっています。

とは言うものの基礎的な”道具”としての数学の知識はさっぱりなので
まぁ行き詰まってばかりです。

最近は寝る前はほとんど数字や方程式とにらめっこしてます。

数式

こんな感じのものです。
訳分かりませんね。

これは『応力』という、物体に力が加わったときの変形に関する物理現象を数式に乗せよう!
とする中で必要な部分なんですが。。。
もちろん実際の臨床ではこんな事考えません。

僕はこれをカラダや物事を3Dでイメージするための練習程度に考えています。
なのでこの分野のプロの人の話には付いていけませんし、深くは聞かないで下さい。

 

今日したい話はこんな数式の話ではありません。
今日の題名には『記憶』とありますが
記憶や理解力と睡眠についての話です。

いきなり本題に入ってしまいますが、
記憶や理解というものは寝ている間に整理、定着していくようです。
ご存知の方も多いですよね!

それを最近、身体以外の勉強をはじめてから、おそろしく実感しております。

昨日はどれだけ頭をひねっても分からなかった、理解出来なかった事が
一度寝て、起きてから改めて見てみると全く違う角度からの
視点というか、理解というかひらめきみたいなものがあって
結構すんなりと頭に入ってくる事がほぼ毎日起こっています。

どれだけ、頭をひねくり倒しても分からなかった事が
ある瞬間、急に、
『・・・・・・あっ!!』
みたいな感じで舞い降りてくる瞬間は何事にも代え難い快感があります。
その快感を味わいたくて勉強しているようなもんです。

今日それと似たような話を一緒に遅めのランチしている時に
奥さんの口から聞く事になりました。

話を聞くと昨日、寝る前に結構遅くまであるダンスの振り付け的なものを覚えていたようです。
その時はうろ覚えだったけど、

曰く
『起きたら全部覚えているねん』
だそうです。

それを聞いて全てが繋がりました!!!
今朝おきた摩訶不思議な出来事の意味が。

 

 

午前中は草津にある整骨院で仕事なので
最近はだいたい6時過ぎに起きます。

まだ奥さんはぐっすり寝ているとこでした。
起こさないようにゆっくり着替えようと思っていたら
何やら聞こえる。。。。

『起こしてしまったかな!!ごめん』
と思いきや鼻歌が。

『朝から機嫌いいな』と話しかけるワタシ。

しかし返事はなく鼻歌続行。
そして間もなく終了。
近づいて覗き込んでみると。。。。

 

 

『おっ?』

 

『えっ!!』

 

『えぇぇぇ!』

 

 

 

寝てるやん!

 

 

寝言で鼻歌、、、、?
何これw?

 

 

最近お互い忙しくて中々カラオケ行けてないもんね。
色々溜まってるんでしょう。
今度行きましょうね。

寝ている最中もきっと振り付けの確認していたんでしょう。
そら『起きたら全部覚えてるねん!!』ってなるわ。

 

 

起きたら涙が出てたり
爆笑しながら起きたりした事はあるけど
寝ながら鼻歌歌うのって世間一般ではどうなんでしょう?

良くある事なんでしょうか?

しょっぱなに書いた受験生の皆さん必見!
というのは、『ちゃんと寝ましょう』という事です。
そっちの方が効率も良く楽だという研究結果も出ていますし
うちの嫁も身をもって実証しています。

明日は大学受験で今日は寝れない人も多いかもですが
ココはしっかり寝ておきましょう!

さくら

草津の方でしばらく見させてもらっている男性の患者さん。

歩くのも辛いくらいの坐骨神経痛で来られました。
人生経験豊富というかザ・モチベーションみたいな方で
今も現役で日本中でお仕事をされているそうです。

若い頃は世界中を飛び回っていたそうで、口からでてくる言葉は
よくある聞いてられないような昔の自分自慢ではなくて、
今でも『あれをしたい』『これをしたい』『仕事でこんな事をしたい』
『せっかく仕事するならうちの会社でしか出来ない事しないと。』

結構こっちが元気貰います。

そんな男性がぽろっと
『サクラの花が開くまでには元気に歩けるようになりたいなぁ・・・』

独り言のように、
でもしっかりと呟いておられるのを偶然聞いてしまいました!

おっちゃんがなんとかしたるけん
任せときんしゃい!!

今年のサクラはいつ咲き初めるんでしょうか?
いつもより寒いかちょっとは待っててくれるかな?

頑張りましょう!!

子供の姿勢教室

こんにちわ。BASE Conditioning Laboの山辺です。

以前、このブログでも書いた岩倉姿勢教室の男の子の話覚えてらっしゃいますでしょうか?

もし良かったら探してみて下さい。
小学3年の時から身体を見せてもらっていて気づけば6年生。

先日知らない電話から着信がありでてみるとお母さんの携帯を使い
その子から電話がありました!

なんと頑張っていた中学受験に合格したと凄く嬉しそうな声で
色々話してくれました。

最初は模試での志望校の合格判定が。。。。。だったのに!

本当におめでとう!!
中学入学祝いは何がいいかなぁ!

世界1位・2位独占のスーパースター!

こんにちわ。“軸をつくる”ボディワークスタジオ BASE Conditioning Laboの山邉です。
3回に分けて“何故か人を惹き付けてやまない『元気』な人が持っているもの。”
だったのですが何と4回になってしまいました。。

前回も書いた通り
時間の方を置いていくつもりで動いていきたいと思います!!

繰り返しになりますが、
『Genki』を物理、数学の天才の力を借りながら
僕の偏見に満ちた解釈で進めてきました。
『何故か人を惹き付けてやまない『元気』な人が持っている3つもの。』

『Genki』の『i』は、周囲を惹き付けるような夢を想う“想像力”
『Genki』の『G・k』は周囲を巻き込む“行動力”

そして3つ目『Genki』の『e』は『信念』でした。
今日はその『e』がなぜ『信念』になるのか!
という事を話していきたいと想います。

そしてその話をする中で、
外す事の出来ない天才!

今回登場する大天才、
今回の主役レオンハルト・オイラーさんです。
もうそれだけでテンションだだ上がりという人も多いんではないでしょうか?www

アメリカの数学者を対象に行われた
『最も美しい数式は?』
という質問をした時に
一位に選ばれた
『オイラーの公式』
その名の通りこの公式を発見した人、その人こそレオンハルト・オイラーさんです。

ちなみに、美しい数式の2位は
『オイラーの多面体の公式』と言われる数式だそうです。
『世界を変えた17の方程式』(イアンスチュアート著)の中にも6番目に登場しています。
ちなみにこれも、お分かりの通りレオンハルトオイラーさんの功績だそうです。

この人、本当に色々な逸話があるのですが
前回も少し触れましたが、勉強しすぎて失明した方です。
本当に勉強し過ぎですね!!

『オイラーの公式』云々は後回しにするとして
そろそろ本題の、なぜ『e』が『信念』になるのか。
オイラーさんから少し離れて『e』そのもののお話をすこしだけ。。。。

『π(パイ)』ならご存知の方も多いんでは無いでしょうか?

3.141592・・・・・・というあれです。
『円周を直径』で割ると出て来るあれです。

『割り切れ無い数字で、小数点以下がめっちゃ長くなるから
他の文字で表してしまおう!』というやつです。

『e』も同じで
e = 2.71828 18284 59045 23536 02874 71352 …(Wikipedia)

となるそうです。

いちいち書いてられないので
諸説あるようですがオイラーさんの功績が凄すぎたので
発見した人は別の人なのにオイラー(Euler)の頭文字をとって
『e』にしたそうです。

この2.71・・・・・という数字、
他の数字では絶対に起こり得ない事が
この数字にのみ起こるそうなんです。

というか起こるんです。

数Ⅲ・数Cまでしている人はご存知かと思いますが
(僕は数Ⅱ・数Bで終わってるので知りませんでした。
本当に数学が嫌というだけで文系をとった
あの時の自分をぶっ飛ばしてやりたいです!!)

【『e』を底とする指数関数は微分しても積分してもカタチが変わらない】
ということが起こります。

普通、どんなモノであっても微分したり積分したりすると
そのカタチが変わってしまうんです。
(分からない人は『ふーん』程度に思っておいて下さい)

ココまでいっておいてこんな言い方をするのもあれですが
詳しく知りたい人はググってみて下さい。
めっちゃくちゃ面白い記事が山ほど出てきます。

このカタチの変わらない性質の
おかげで凄い大きな恩恵を数学は受けています。

『オイラーの公式』なんて正にそれそのものなんです。

もうお分かりですね。

『信念』とは何があってもブレ無いモノ

それを何となくオイラーの公式を勉強している時に
『e』という数字『どれだけ微分しても積分しても形が変わらない』という事に感じたんです。
まぁ、それだけの事です。

ちなみになぜ『オイラーの公式』が世界一美しいのかというと
公式とはこんなモノです。

オイラーの公式

数学において最も大切な数字と言われる『π』
現実には存在しない想像上の数字『i』
整数において最も基本的な数『1』
これが『e』によって繋がれた時
数学史上最大の発見と言われる『0』という数字になる。

これだけでも凄いんですが、
この式の証明がまた感動的。

ここまででも大概ディープかと思われますが
ココから先は興味のある方は
お会いする時に興味があれば、是非お話し致しましょう!!

もう最高にエキサイティングです 笑

という訳で
『Genki』の『i』は、周囲を惹き付けるような夢を想う“想像力”
『Genki』の『G・k』は周囲を巻き込む“行動力”
『Genki』の『e』は何があってもブレ無い『信念』

一番最初にお話しした
成人式での一見、元気そうに暴れている新成人。。。。

あの人達に前向きな感情を抱けないのは行動力はあっても
その行動に、未来や理想を思う『想像力』も、
そして『信念』の感じないからだと思います。

少なくとも僕は感じられません。

なんで大晦日のブログにも書いた通り
2015年は『genki』でいきたいと思います。

凄ーく長くなってしまいましたが
おつき合い頂いた皆様、本当にありがとうございます。

明日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか。
2015年が皆様にとって実りある一年になりますように
本年もどうぞよろしくお願い致します。