腰痛体操

1.膝倒し(左右)

膝倒し_基本姿勢

膝倒し_左

膝倒し_右

 

 

 

 

 

 

 

 

2.腰のストレッチ

腰部、臀部、太腿外側のストレッチ

腰部、臀部、大腿外側のストレッチ腰部、臀部、大腿外側のストレッチ

 

 

 

 

 

 

 

3、股関節のストレッチ

股関節のストレッチ

 股関節のストレッチ股関節のストレッチ

 

 

 

 

 

 

 

関西ビジネスサテライト新聞に掲載して頂きました

こんにちはBASE Conditioning Laboの山邉です

 

去年取材に来て頂いた「関西ビジネスサテライト新聞」様の1月号に掲載して頂きました。

 

 

こんな感じです!

 

 

 

 

内容はこんな感じです。

BASE Conditioning Laboは“歪み”や“痛み”の原因となる“クセ”から治していき、“歪まないカラダ”を手に入れる事を目的にしているLaboだ。その顧客はダンサー、ウォーキングの先生、整体師等の体に関するプロフェッショナルだ。その理論は体の理論の新境地を開くものだ。従来の「鍛える(筋肉トレーニング等)、伸ばす(ストレッチ等)、ほぐす(カイロプラクティック等」の範囲に収まらない「つなげる」ものだ。その方法はカウンセリング票へ記入し、じっくりヒアリングをおこなう。それから歩くことから分析をおこなう。そして体をうごかし、全身の自然な繋がりを感じるという流れである。実際のサービスを受けた人の声は多数あるが、バレエの動きに役立てたいという方の声を紹介すると「何か固まっていたものが溶解された様な感覚に感動しました。幾つかは家でも出来そうな動きであったので是非とも実践していきたいです。バレエに行くのが楽しみです。ありがとうございました。」というものである。またニューヨークのダンサーにそのサービスを提供してほしいとオファーも来ているそうだ。

 このようにプロフェッショナルを顧客にし、世界を相手にされている山邉さんであるが、小学5年生の時、膝を痛めたが整形外科では治らなかった。そんなとき、体を痛めない体の使い方を学ぶべきという 鍼灸の先生に知り合い、以来約20年「操体法」を基本に 身体の使い方,考え方を学び始めたのが起業のきっかけだそうだ。そして2006年にフリーで現在の仕事をはじめ、2009年9月に現在のLaboをはじめたそうだ。

 今後の目標は「つなげる」の概念を一般的にしていきたいそうだ。

 

BASE Conditioning Labo 代表 山邉信一様 

http://base-conditioning.com

京都府京都市中京区錦小路町263ナウティカビルディングB-103

tel 075-384-1725”

 

関西ビジネスサテライト編集長 仲井様
            副編集長 藤田様
取材してくださ行った赤石様

ありがとうございました。            

 

ボディワークの良いところと悪いところ〜To perceive is to suffer~

1月も終わりに近づいたところでやっと2012年一回目の投稿になります。

 

こんにちはBASE Conditioning Laboの山邉です。

 

 

去年の終わりの 頃
“ULTIMATE Movement for DANCER”

という題名でブログを
更新していたのですが、
題名を英語にしてしまう事で少し不具合が出てしまうので
元の日本語に戻しますが、
内容はそれほど変わる事はないですので、
引き続きよろしくお願い致します。 

 

 

今回はボディワークをする事で、
ダンサーやカラダの痛みでお困りの皆さんが
得る事の出来るメリットとデメリットについてです。

 

 

特に今回はデメリットについての話となります。

 

 

メリットについては今までも書いているつもりですし
デメリットの部分も裏を返すと
そのままメリットとしても捉える事が出来るので

今回は多くを書くつもりはありません。

 

(よく喋る人を“明るい人”とみるのか
“やかましい奴”と見るのかの違いみたいなものです)

 

副題にある “To perceive is To suffer”
というのは“万学の祖”と言われる、
あのプラトンの弟子であり

アレクサンドロス大王さんの家庭教師でもあった
アリストテレスという大哲学者の言葉です。

 

直訳すると

 

 “感知する(知る)事は苦しむ事である!”

 

という内容です。 

 

 

 ざっくりと意訳をしてしまうと

 

 “知らぬが仏”

 

 となるのでしょうか?

 

 

 

 

これ!実はボディワークにみぴったりな言葉だと思います。

 

 

今まで出来ていると思っていた事が実は出来ていなくて
それが”痛み”や”歪み”といった
体の不調の原因だったという事を知るというのは
ある意味しんどい事だと思います。

 

それも“動きがつながっていない”とか
“押せていない”とか
良く分からない事を言われるものだから
頭の中に虫が湧く人もいる様です。

 

その上、カラダに対する感覚を鍛える事で、
カラダに敏感になり、
今までの自分であれば
絶対に気付かない不具合を感じてしまう様になります。

 

 

それこそ、周囲の人は「それのどこがあかんの?」
というレベルで「立てていない!」と気付いてしまいます 

 

一般的な人では、このレベルにおいては鈍感なので痛みを感じるまで
カラダの中で不具合が起きている事に気付く事はありません。

 

“腰が痛いわぁ”という人はいても
“今日は鎖骨の調子が悪いから、
体幹と脚がつながってないわぁ”
なんて言う人は見た事ないですよね!

 

ボディワークで感覚を磨くとこのレベルでカラダや動きを
感じる様になります。

 

これは、人によってはメリットにもなるしデメリットにもなってしまいます。

 

 

最後に、先述のアリストテレスに負けるとも劣らない、
リアルタイムで、僕たちに色々な事を教えてくれたという意味では
それ以上の先生の言葉で締めくくります。

 

 

 

「上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目」

      湘北高校   バスケットボール部監督    安西 光義