皆様いかがお過ごしでしょうか?
今日BASE Conditioning Laboをご利用頂きました皆様ありがとうございました。

今日は、意識ひとつでこんなにも動きがかわるのか!という事を
嫌という程痛感させられた一日でした。

そろそろ、このスタジオもオープンしてから2年が経とうとしていますが、
今、おもえば本当に勉強の毎日でした。

その人の動きのクセや、カラダの感じ方の基本的な部分は
「歩行」という人間の一番基本的な動きに全て出てしまいます。

街を歩いていても、そこにばっかり目がいってしまうのは職業病でしょう。。。

足だけで歩いている人
体幹と腕の動きがぶっつりと切れてしまっている人
軸なんて全くない人
ピンヒールをはき、今にも捻挫しそうな歩き方をしている人
一見綺麗な姿勢なんだけど、腰を反り過ぎ腰に負担をかけてしまっている人

などなど。。。。

そんな中今日は久々に素晴らしい「動き」をみせて頂きました。

本人はいわれるがままに、すこし意識の仕方を変えて
普通に歩いていただけなんでしょうが
思わずぶるっとしてしまいました。

僕の貧弱な語彙力では説明しきれませんが、
あまりにも自然で、その周りの時間が一瞬止まった様な感じ
といって分かって頂けるでしょうか。

僕はこの仕事をしていて良く思う事があります。

「筋トレはどこまで必要なんだろう」

という事です。

もちろん「筋肉」は絶対に必要です。

体温をつくり出し
主要臓器を保護したり
何より、関節運動には絶対にかかせません。

しかし、腹筋も背筋もほとんど満足に出来ない人に
あんなに美しい動きを魅せられると、やっぱり考えざるを得ません。

「筋トレはどこまで必要なんだろう」

しかし何も筋トレをしなかった訳ではありません。
「中殿筋」だけはしっかりやって頂きました。

やり方と「正しい体の感じ方」さえおさせておけば、
必要な他の筋が反応し
ほとんどの人はこれだけでカラダに「軸」が出来上がります。

この“軸の感覚”“カラダの感じ方”が基本になければ
どんなトレーニング、ストレッチをしても無駄なんじゃないか!

とさえ思わされた一日でした

今日は本当に美味しいご飯が食べられそうです。
ありがとうございました。